転職の際に損をしない方法

自分の専門性やキャリアを活かしもっとステップアップしたいとか、もっと待遇のいいところに行きたいと思って転職を決めたら、まず確認することがあります。それはボーナスの時期を考慮することです。
一般的にボーナスは支給前の半年間を対象としていますが、企業の中には3ヶ月単位で査定をするところもあるので事前に確認しましょう。このボーナスは普段の給与とは別の収入となるので、ローンや大きな買い物など生活設計に大きく影響します。したがって転職をする際には、ボーナスをもらってから転職するのがベストなタイミングになります。

そこで、損をしないためにボーナスの支給時期を確認するのです。この時期から逆算をして転職にかかる必要期間を割り出します。例えば、エントリーや書類選考、面接や内定などです。そして、支給直後に退職してしまうともらい逃げと印象付いてしまうので、後任の人や周囲の人にきちんと引継ぎ作業を行う期間も考慮しましょう。また、退職を申し出る時は、ボーナスの支給後がオススメです。企業の中には、支給前に退職を申し出ている社員には査定額が少なくなるところもあります。
査定は、企業の経営状況だけでなく本人自身の能力や貢献といった点数化されない点も対象となるので、例え支給額が前回より減っていたとしても不服を申し立てることはまずできません。そのため、退職を申し出ると支給額に影響する可能性があるため慎重になることが大切です。このように、ボーナスを考慮した転職を決めると損をせずに済むのです。