仕事のやりがいと報酬のバランス

私たちは働いた対価として給与をもらいますが、それとは別に特別手当として支払われるのがボーナスです。一般的に夏と冬の年に2回支給されるケースが多く、夏は6月から7月に1回、冬は12月に1回という形で支払われます。
そもそも、ボーナスは必ずしも支給をしなければならないという決まりはなく、支給がされていない企業も世の中には多くあります。また、通常は支給しているという企業でも、業績が悪い場合などには支給が行われないということがあります。企業を選ぶ際にはボーナスは支給されるのか、そしてどのような形で支給がされるのかという点もしっかりとチェックをしておくことが大切です。

企業の求人情報には賞与という形で記載がされており、月の給与の何か月分という表記がされます。例えば、毎月30万円もらっている人の企業が3か月分という表記をしている場合は、90万円のボーナスが出るということになるのです。さらに、企業業績だけでなく、営業職などの場合は個人の日頃の業績が個人業績という形で反映されるというケースもあるので、営業職の方などは評価システムなどもチェックしておくと、より納得感を持って働くことができるといえるでしょう。
もちろん、お金だけが働く上で全てではありませんが、お金がなければ生活ができないというのも事実ではあります。仕事そのもののやりがいや魅力と、給与やボーナスのバランスというものをしっかりと判断をして、企業選びを行っていきましょう。